愛媛の逸品を産地直送でお届けします|えひめギフトセンターオンラインショップ


えひめギフトセンター|えひめの逸品お取り寄せショップ


ハウスみかん【贈答用】Sサイズ 2.5kg

ハウスみかん【贈答用】Sサイズ 2.5kg

6,580円(税込)

ハウスみかんは、ハウス栽培によって生産される温州みかんで、極早生(ごくわせ)種・早生(わせ)種が使われています。通常は春に花が咲き、秋に収穫を行うみかんですが、秋にハウス内の気温を上げて植物に春が来たと思わせて花を咲かせるという方法を取っています。みかんが育つのに必要な温度や水をコントロールすることで、冬にしか食べられなかったみかんが夏場にも食べられるようになりました。温室で育てることは、露地栽培よりも難しく、水や気温管理が重要になるため、一つでもタイミングを間違うといいハウスみかんはできません。長年の栽培ノウハウで美味しく育ったハウスみかんをぜひこの機会にお楽しみください。


※画像のみかんはSサイズです。サイズにより個数が異なります。






内容・容量ハウスみかん【贈答用】Sサイズ 2.5kg 30個入
保存方法冷暗所で保存してください。
配送クール代金込みです。




ハウスみかん


ハウスみかんの自己紹介


ハウスみかんとは、ハウス栽培によって生産される温州みかんのことです。温州みかんは、日本国内では一般的に「みかん」と言われる柑橘の正式名称です。原産地は鹿児島県の長島とされていますが、愛媛や和川山、静岡など広く栽培される今では、地域ごとにブランド名がついたり、収穫時期によって味や見た目、種類の名称が変わることで有名です。早いものから、極早生(ごくわせ)みかん→早生(わせ)みかん
→中生(なかて)みかん→晩生(おくて)みかんへと変わっていきます。ハウスみかんはこの温州みかんの極早生・早生種が使われています。時期が遅くなるにつれてみかんの色が濃く甘みが増しますが、中の袋が固くなっていきます。ハウスみかんは甘さと酸味のバランスが絶妙で、食べやすいサイズのものが多いのが特徴です。6月下旬から9月下旬ごろがハウスみかんの旬と言われています。




ハウスみかんのプロフィール



ハウスみかん

ハウスみかん

ハウスみかん


ハウスみかんの旬

ハウスみかんの旬

ハウスみかんのおすすめポイント




技術と努力の賜物の美味しさ


ハウスみかんは、室温調整されたハウスの中で栽培されます。水の量や温度を適度に調整することによって、一般的に出回るみかんに比べて見た目が綺麗で味の良いみかんになります。この一連の作業はとても大変で手間がかかりますが、みかんにとってはストレスがなく良好な環境であると言えます。水やりや室温、収穫のタイミングを間違えてしまうと美味しい良好なハウスみかんができません。生産者さんの技術と手間があってこその美味しさと言えます。ハウスみかんは濃厚な甘さと適度な酸味が絶妙で、食べやすいところが特徴です。抗菌作用やガンの発生を抑える作用もあるとされるβカロテンも豊富に含みます。甘さが特徴ですが、1個(約100g)あたり44kcalほどと低カロリーなのも嬉しいですね。



ハウスみかん



ハウスみかん

ハウスみかん

ハウスみかん


ハウスみかんの食べ方



ハウスみかん


そのまま手で剥いてパクッと


ハウスみかんの外皮は柔らかいので簡単に手で剥いて食べることができます。内皮も薄く、そのまま食べられます。内皮も剥いて缶詰のみかんのような状態で食べると、より果肉の甘さが引き立って美味しいです。ただ、ハウスみかんの内皮やスジの部分は上質の繊維質でもあるので、一緒に食べると美味しく栄養も取れて一石二鳥です。







ハウスみかんのアレンジ編





果汁をジュースやお料理に


ハウスみかんはそのままで食べることが多いですが、果汁を絞ってジュースとして楽しんだり、シャーベットやゼリー、ムースなどにしても美味しいです。





皮を使ってみかん風呂に


食べ終わったハウスみかんの皮を洗浄し、5〜10個程度を布袋などに詰めて湯船に入れます。血液循環の促進やリラクゼーション効果も期待できます。




ハウスみかんの商品一覧










レビューを見る(0件)
レビューを投稿
ハウスみかんは、ハウス栽培によって生産される温州みかんで、極早生(ごくわせ)種・早生(わせ)種が使われています。通常は春に花が咲き、秋に収穫を行うみかんですが、秋にハウス内の気温を上げて植物に春が来たと思わせて花を咲かせるという方法を取っています。みかんが育つのに必要な温度や水をコントロールすることで、冬にしか食べられなかったみかんが夏場にも食べられるようになりました。温室で育てることは、露地栽培よりも難しく、水や気温管理が重要になるため、一つでもタイミングを間違うといいハウスみかんはできません。長年の栽培ノウハウで美味しく育ったハウスみかんをぜひこの機会にお楽しみください。


※画像のみかんはSサイズです。サイズにより個数が異なります。






内容・容量ハウスみかん【贈答用】Sサイズ 2.5kg 30個入
保存方法冷暗所で保存してください。
配送クール代金込みです。




ハウスみかん


ハウスみかんの自己紹介


ハウスみかんとは、ハウス栽培によって生産される温州みかんのことです。温州みかんは、日本国内では一般的に「みかん」と言われる柑橘の正式名称です。原産地は鹿児島県の長島とされていますが、愛媛や和川山、静岡など広く栽培される今では、地域ごとにブランド名がついたり、収穫時期によって味や見た目、種類の名称が変わることで有名です。早いものから、極早生(ごくわせ)みかん→早生(わせ)みかん
→中生(なかて)みかん→晩生(おくて)みかんへと変わっていきます。ハウスみかんはこの温州みかんの極早生・早生種が使われています。時期が遅くなるにつれてみかんの色が濃く甘みが増しますが、中の袋が固くなっていきます。ハウスみかんは甘さと酸味のバランスが絶妙で、食べやすいサイズのものが多いのが特徴です。6月下旬から9月下旬ごろがハウスみかんの旬と言われています。




ハウスみかんのプロフィール



ハウスみかん

ハウスみかん

ハウスみかん


ハウスみかんの旬

ハウスみかんの旬

ハウスみかんのおすすめポイント




技術と努力の賜物の美味しさ


ハウスみかんは、室温調整されたハウスの中で栽培されます。水の量や温度を適度に調整することによって、一般的に出回るみかんに比べて見た目が綺麗で味の良いみかんになります。この一連の作業はとても大変で手間がかかりますが、みかんにとってはストレスがなく良好な環境であると言えます。水やりや室温、収穫のタイミングを間違えてしまうと美味しい良好なハウスみかんができません。生産者さんの技術と手間があってこその美味しさと言えます。ハウスみかんは濃厚な甘さと適度な酸味が絶妙で、食べやすいところが特徴です。抗菌作用やガンの発生を抑える作用もあるとされるβカロテンも豊富に含みます。甘さが特徴ですが、1個(約100g)あたり44kcalほどと低カロリーなのも嬉しいですね。



ハウスみかん



ハウスみかん

ハウスみかん

ハウスみかん


ハウスみかんの食べ方



ハウスみかん


そのまま手で剥いてパクッと


ハウスみかんの外皮は柔らかいので簡単に手で剥いて食べることができます。内皮も薄く、そのまま食べられます。内皮も剥いて缶詰のみかんのような状態で食べると、より果肉の甘さが引き立って美味しいです。ただ、ハウスみかんの内皮やスジの部分は上質の繊維質でもあるので、一緒に食べると美味しく栄養も取れて一石二鳥です。







ハウスみかんのアレンジ編





果汁をジュースやお料理に


ハウスみかんはそのままで食べることが多いですが、果汁を絞ってジュースとして楽しんだり、シャーベットやゼリー、ムースなどにしても美味しいです。





皮を使ってみかん風呂に


食べ終わったハウスみかんの皮を洗浄し、5〜10個程度を布袋などに詰めて湯船に入れます。血液循環の促進やリラクゼーション効果も期待できます。




ハウスみかんの商品一覧










ページトップへ戻る