愛媛の逸品お取り寄せショップ、愛媛にはいいものがあふれてる

マイページ

お買い物かご

カラマンダリン S~L 3kg

カラマンダリン S~L 3kg

3,326円(税込)

4/16頃〜出荷予定です。

カラマンダリンは、温州みかんとキングマンダリンを交配してできた、濃厚な甘みと程よい酸味があるみかんです。様々な柑橘の中でも最も樹になっている期間が長い品種で、じっくりと時間をかけて凝縮した、深みのある濃厚なうまみが特徴です。温州みかんよりは皮が厚いですが、簡単に手で剥いて食べることができます。種が少しありますが、ずっしりと重量感があり、糖度が高く、果汁たっぷりな春に美味しいみかんです。
※入荷時期によって大きさに差があります。小さめSサイズから大きめLサイズが一緒に入っています。


内容・容量カラマンダリン S~L 3kg
保存方法冷暗所で保存してください。






カラマンダリンの自己紹介


カラマンダリンは、尾張系の温州みかんとキングマンダリンを掛け合わせたものです。世界的にはあまり栽培されていない種ですが、日本では少量の生産が行われており、愛媛県では収穫量が日本一となっています。大きさは中程度からやや大きめで、果皮は中程度の厚さです。果肉は濃い橙色をしていて、濃厚でたっぷりな果汁としっかりとした甘みがあり、日本人の好みに合ったお味です。また、程よい酸味もあり、深みのある味わいも特徴です。3月から4月にかけて収穫されますが、酸味が少なくなるのに2週間から1ヶ月ほど要するため、4月から5月に旬を迎え、流通します。生産現場では、「晩生みかん」・「春のみかん」として扱われます。また、2007年7月には、「まつやま農林水産物ブランド」第5号に認定されました。




カラマンダリンのプロフィール









カラマンダリンのおすすめポイント




たっぷり果汁に、深みのある味わい


カラマンダリンは、甘みが強く、濃厚な風味のみかんです。栽培量が少ない柑橘で、「春のみかん」として愛されています。また、手で簡単に皮が剥けるので、おやつとしてもちょうど良い柑橘です。た、カラマンダリンには、「βクリプトキサンチン」という栄養成分が含まれています。みかんの色の素となり、強い抗酸化作用を持つ栄養分で、発がん物質から細胞を守ってくれる効果があると言われています。また、「βクリプトキサンチン」の仲間である「βカロテン」も含まれており、こちらは強い抗菌作用があり、生活習慣病の予防に役立つと言われています。










カラマンダリンの食べ方





そのまま手で剥いて食べる


カラマンダリンの皮は温州みかんよりも多少厚めですが、柔らかいので簡単に手で皮を剥いてお召し上がりいただけます。果実を包んでいるじょうのう膜も薄いので、袋ごと食べることが可能です。たまに種が入っているので、飲み込まないように注意が必要です。カラマンダリンは、果皮の表面がでこぼこしているものが多いですが、味に影響はありません。冷蔵庫で冷やしておくと、濃厚な味が引き立ち、普段とは違う味の楽しみ方ができるのでオススメです。






カラマンダリンのアレンジ編





マーマレード


カラマンダリンは、味が濃厚なので、マーマレードにして食べるのもオススメです。砂糖やレモン汁などと一緒に煮詰めて、ご自宅でも手作りすることができます。





ゼリー


カラマンダリンは、味が濃厚なので、ゼリーにして食べるのもオススメです。果汁をゼリーにするのもよし、果肉をそのまま使ってフルーツゼリーにしても美味しいです。





カラマンダリンの商品一覧





レビューを見る(0件)
レビューを投稿

4/16頃〜出荷予定です。

カラマンダリンは、温州みかんとキングマンダリンを交配してできた、濃厚な甘みと程よい酸味があるみかんです。様々な柑橘の中でも最も樹になっている期間が長い品種で、じっくりと時間をかけて凝縮した、深みのある濃厚なうまみが特徴です。温州みかんよりは皮が厚いですが、簡単に手で剥いて食べることができます。種が少しありますが、ずっしりと重量感があり、糖度が高く、果汁たっぷりな春に美味しいみかんです。
※入荷時期によって大きさに差があります。小さめSサイズから大きめLサイズが一緒に入っています。


内容・容量カラマンダリン S~L 3kg
保存方法冷暗所で保存してください。






カラマンダリンの自己紹介


カラマンダリンは、尾張系の温州みかんとキングマンダリンを掛け合わせたものです。世界的にはあまり栽培されていない種ですが、日本では少量の生産が行われており、愛媛県では収穫量が日本一となっています。大きさは中程度からやや大きめで、果皮は中程度の厚さです。果肉は濃い橙色をしていて、濃厚でたっぷりな果汁としっかりとした甘みがあり、日本人の好みに合ったお味です。また、程よい酸味もあり、深みのある味わいも特徴です。3月から4月にかけて収穫されますが、酸味が少なくなるのに2週間から1ヶ月ほど要するため、4月から5月に旬を迎え、流通します。生産現場では、「晩生みかん」・「春のみかん」として扱われます。また、2007年7月には、「まつやま農林水産物ブランド」第5号に認定されました。




カラマンダリンのプロフィール









カラマンダリンのおすすめポイント




たっぷり果汁に、深みのある味わい


カラマンダリンは、甘みが強く、濃厚な風味のみかんです。栽培量が少ない柑橘で、「春のみかん」として愛されています。また、手で簡単に皮が剥けるので、おやつとしてもちょうど良い柑橘です。た、カラマンダリンには、「βクリプトキサンチン」という栄養成分が含まれています。みかんの色の素となり、強い抗酸化作用を持つ栄養分で、発がん物質から細胞を守ってくれる効果があると言われています。また、「βクリプトキサンチン」の仲間である「βカロテン」も含まれており、こちらは強い抗菌作用があり、生活習慣病の予防に役立つと言われています。










カラマンダリンの食べ方





そのまま手で剥いて食べる


カラマンダリンの皮は温州みかんよりも多少厚めですが、柔らかいので簡単に手で皮を剥いてお召し上がりいただけます。果実を包んでいるじょうのう膜も薄いので、袋ごと食べることが可能です。たまに種が入っているので、飲み込まないように注意が必要です。カラマンダリンは、果皮の表面がでこぼこしているものが多いですが、味に影響はありません。冷蔵庫で冷やしておくと、濃厚な味が引き立ち、普段とは違う味の楽しみ方ができるのでオススメです。






カラマンダリンのアレンジ編





マーマレード


カラマンダリンは、味が濃厚なので、マーマレードにして食べるのもオススメです。砂糖やレモン汁などと一緒に煮詰めて、ご自宅でも手作りすることができます。





ゼリー


カラマンダリンは、味が濃厚なので、ゼリーにして食べるのもオススメです。果汁をゼリーにするのもよし、果肉をそのまま使ってフルーツゼリーにしても美味しいです。





カラマンダリンの商品一覧





カテゴリーから探す

今が旬の愛媛県産フルーツ

農産加工品

水産品

畜産品

シーンで探す

価格で探す

今週の人気ランキング

  

お知らせ

ご利用ガイド

ページトップへ戻る